こんにちは。

紫穂、と書いてシホと読みます。
アコーディオンを弾いたり、スタチュー(人間彫刻)をやったり

人々を笑顔にするパフォーマンスが出来ればと思っています。

お気軽にお問合せくだされば幸いです。

Profile

<経歴>

 

2003年、おもちゃのアコーディオンを衝動買いする。仕事の昼休みに、公園で弾いていると自然に人が集まってくるので、「これはイケるかも!」と思い、半年後にホンモノのアコーディオンを買う。

 

独学に限界を感じていたので、(故)金子万久氏の「東京アコーディオン教室」の門を叩く。以降2005年までレッスンを受け、「魅せる」弾き方を重点的に習う。初舞台は、レッスン2か月目にビアホールにて。

2006年からバイオリンと音楽ユニットを組み、2007年から東京都ヘブンアーティスト活動を中心に演奏。2012年に解散するまでの間、イベント等で大道芸のパフォーマンスを見るたびに心惹かれる。

 

音楽ユニット解散後、1年間の休養中にアコーディオン演奏に踊りや台詞を交えた小品「女たち」を作って、演奏からもう一歩違う方向で表現するパフォーマンスを模索する。この後、数回大道芸で披露するが、演目内容が暗すぎるためか、あまり大道芸ではウケなかった。(小劇場みたいなほうがよかったかも)

 

2014年、浅草パフォーマンスプレイスのスタチューワークショップに参加し、「奏神(かなでがみ)」を作る。

スタチューの面白さに目覚め、翌年「ニケ」を作る。といっても実際の制作者は妹メイン。

 

2015年、アコーディオンでリクエストをとりながらの回遊形式に力を入れる。リクエスト打率は3割!と言いながら、お客様とのコミュニケーションには定評があり、テクニックよりも場を盛り上げる力がつく。

 

2016年、スタチュー「奏神」「NIKE」の2体で、東京以外の大道芸フェスティバルや、イベントにも出演し幅を広げる。美術館での展示や企業CMなど、大道芸以外にも活動を広げる。一目見ただけで「わあ、素敵」という言葉が出るような、美しいスタチューを目指している。

 

2017年は、3体目のスタチュー「蛇の誘惑」を制作。細部まで作りこんだ芸術品としての造形と、音楽パフォーマンスによる表現で、その場に立ち止まる人々を別の世界に誘い込む。

  

 

 <わたしのこと>

 

○住まい → 東京都

○性別 → 女性

○性格 → おおまか

○生れ → 申年。4月うまれ。

○好きな動物 → ヤギ、牛、うずら、烏骨鶏

○好きな食べ物 → ごま豆腐、カプリコのイチゴ味(グリコ)、丸大豆せんべい(三幸製菓)

○楽しみ → huluでドラマや映画を見る、図書館で本を借りる、実家に帰る、妹と遊ぶ

○苦しみ → 睡眠不足、運動、日焼け

○持病 → アトピー、潰瘍性大腸炎

○日常 → 平日は事務職